スポンサーリンク

伊豆高原シャボテン公園は雨でも動物たちと触れ合える観光スポット!

国内旅行

伊豆高原といえば、海にも山にも囲まれた根強い人気のある観光地ですよね。

静岡県伊東市に位置する伊豆高原は、関東からのアクセスもしやすく、毎年多くの観光客を集めています。

見どころもたくさんあるのですが、今回私が紹介したいのは「伊豆シャボテン動物公園」

(通称:シャボテン公園)です!

この「シャボテン」というのは、皆さまご存知の「サボテン」のことで、園内では実際にたくさんのサボテンが育てられています。

しかし!シャボテン公園の魅力は、サボテンだけではないのです!

動物たちとの距離がとても近い動物園であるということ!です。

私も、動物園めぐり、水族館めぐりが好きでよく出掛けるのですが、様々な動物園に行った中でもシャボテン公園は、私の中ではTOP1の動物園となっています。

何がそこまで魅力的なのか?

また、雨でも楽しめるの??

という疑問などをこのブログでひも解いていこうと思います。

 

スポンサーリンク

シャボテン公園ってどんなところ?元祖カピバラ温泉?

シャボテン公園は1959年に開園した動物園、兼、植物園です。

人気観光地のひとつでもある大室山のふもとに位置しています。

その名の通り、園内にはサボテンが植えられており、もうひとつの魅力は

動物たちが放し飼いにされていることです。

そして有名なのはなんといっても、「カピバラ温泉」ではないでしょうか。

シャボテン公園は元祖「カピバラ温泉」なのだそうで、露天風呂につかり、まったりしているカピバラを見に、毎年多くの観光客が訪れています。

 

バス・タクシーでも行ける、シャボテン公園へのアクセス!

気になるアクセス方法についてご紹介しましょう!

伊豆高原って、

「車じゃないと楽しめないんじゃない?移動が大変そう!」

なんて声をよく聞きますが、車がなくてもまったく問題ありません!

実際に私も、車ではなく電車で伊豆高原へ遊びに行き、移動手段はもっぱらバスでした。

下の記事で、電車・バスでの伊豆高原の楽しみ方を紹介しています。

「電車・バスで行く 伊豆高原の楽しみ方!」についてはこちらを参照してみてください!

 

雨天でも楽しめる?チケット代は?

晴れているシャボテン公園はもちろん快適で楽しめますが、雨の日ももちろん楽しめますよ!

実際に私が行った日も雨でした。

しかし、シャボテン公園は雨でも楽しめるように設計されています。

雨の日のメリットとあわせてチケット代も紹介していきますね!

人が少ないので、ゆっくり動物と触れ合える!

写真は寄り添っているカピバラの赤ちゃんです。

 

雨の日のメリットは、なんといっても、まずは人が少ないのでひとつひとつの動物のゾーンでゆっくり楽しむことができます。

特にカピバラゾーンはいつもたいへん混みあいますが、雨の日はすんなり入ることができます!

実際に、入り口の近くにはカピバラが放し飼いにされているゾーンがあるのですが、雨の日は空いていて心ゆくままにカピバラに触れたり、写真を撮ることができました!

カピバラゾーンには屋根がついている場所もあり、寒い時期にはそこにあるストーブでくつろいでいるカピバラに触れることができます!

他にもシャボテン公園では、実際にウサギやリスザルなどに触れられるゾーンがありますが、そちらもゆっくり楽しむことができました!

また、雨なので逆に活発に動いている動物たちを観察することもできます。

なによりも距離が近く観察できますので、自分のテンポでゆっくり回れますよ!

ショーや屋内展示場、温室は屋根があり、暖かい場所で見れます!

シャボテン公園には、屋根付きのショーが見れるブースがあります!

私が見に行ったときは、鳥のショー、ドッグショー、そして珍しいミニブタさんのショーもやっています!

小さなブタが走っていく姿はとても可愛くて虜になってしまいました!

こちらのショーの施設の付近も屋根がありますので、傘を閉じて行動することができます!

 

他にもフェネックなどがいる屋内展示場や、サボテンや熱帯植物が育てられている温室もありますので、傘を閉じて楽しむことができますよ。

疲れたら、レストランで休憩♪

園内には五か所のレストランがあります。

雨でちょっと疲れた体をレストランで休めることができます。

私が訪れたのは、森のどうぶつレストラン~GIBBONTEI~というレストランです。

このレストランでは、カピバラと相席ができちゃいます!

各テーブルごとに大きなカピバラさんのぬいぐるみが置いてあり、インスタ映えもばっちり、とても可愛いです♪

メニューも珍しいものばかりで、サボテンカレーや大人気のカピバラバーガーはとてもオススメで、ここでしか食べられません!

チケット代は?割引方法も!

気になるチケット代ですが、

大人(中学生以上):2400円

小学生:1200円

幼児(4歳以上):400円

割引としては、併用すると300円ほど安くなるチケットの買い方もあるみたいですが、

他にも伊豆の観光地をあわせて楽しみたい方は、セブンイレブンのチケット販売でセットで購入することができます。

こちらは、料金的には細かく割引するよりも、とてもお得なのでを他にも伊豆の観光地をまわりたい!という方にはオススメです!

ちなみに、2400円というチケット代はすこし高いかも、、という方もいるかもしれません(私も最初はそうでした)

しかし、実際にシャボテン公園に行ってみたところ、施設のボリューム、動物との距離、ショーなど、すべての観点からみてもまったく高いと思いませんでした!

むしろ、こんな施設がこんな安くていいの、、と言いながら帰宅しました(笑)

シャボテン公園は動物たちとの距離がめっちゃ近い!

実際に、私が行ったときには

リスザル

クジャク

アヒル

が園内を自由に歩いており、

スペースは区切られているものの、

カピバラ

ウサギ

鳥(ハシビロコウ、フラミンゴを含む数十種類)

も目の前で触れることができる距離にいます。

 

最初は、目の前を歩くクジャクに驚いていましたが、帰るころには「あ、またクジャクだー!」なんて言いながら、写真を撮れるくらいにたくさんいます(笑)

他にもほとんどの動物に有料で餌をあげることができます。

お子さんを連れて遊びにいっている方は、さらに思い出を作ることができますよ♪

上の写真も触れられる距離にいる鳥を撮影したものですが、ほぼゼロ距離で撮れます。

可愛いリスザルもこのとおり!近づいても怖がらずに写真を撮らせてくれます!

檻もなく、こんな距離で撮れるのはシャボテン公園しかありません!

冬の名物詩!カピバラ温泉!

シャボテン公園の名物といえば、やはりカピバラ温泉ですよね!

こちらはご存知の方も多いかと思います、新聞にも載ったとおり、シャボテン公園は「元祖カピバラ温泉」なのだそうです。

その歴史は38年になるとのこと!とても歴史が古いんですね。

 

私が行ったときは、ちょうど冬至の時期でしたので、ゆず湯に入っているカピバラを見ることができました!

カピバラはもともと、とても寒がりなうえに、水の中で長時間過ごすこともできるそうで、この日はとても寒い日でしたので、多くのカピバラが温泉につかって、まったり過ごしていました!

ちなみにカピバラ温泉は、例年「11月23日~4月5日」前後に行われており、期間限定ですので絶対見たい!という方はこの時期を狙ってみてくださいね!

お土産も話題性じゅうぶん!名物サボテンソーダ!

さて、シャボテン公園に行ったあかつきにはお土産を購入したい!という方もたくさんいらっしゃるかと思います。

シャボテン公園には、話題性十分なお土産がたくさんあります!

出口付近にあります「GIFT SHOP アニマルマート」では、たくさんのグッズ販売がされています。

珍しいものでは、サボテンソーダなんてのもあります。

味は秘密!(笑)ぜひぜひ飲んでみてください、ここでしか飲めない味ですよ!

その他にも、カピバラ饅頭や、サボテンカレー、カピバララーメンなど、シャボテン公園でしか買えないお土産もたくさんありますので、帰りがけにはチェックを忘れずに!

シャボテン公園まとめ

シャボテン公園の魅力についてご紹介してきました!

公園、という名前がてら、ついつい雨の日は敬遠してしまいがちなシャボテン公園ですが、

雨でも楽しめる方法はたくさんありますよ!

悪天候だからといって、あきらめずにむしろ雨の中で活発に動く動物たちをゆっくり観察してみるのもいいかもしれませんね♪

コメント